Follow

COVID-19村八分問題 

正直、2月だったか3月だったかに感染疑いのある人すべてが医療機関で受診でき、医者が必要とした人すべてがPCR検査を受け治療できる様にしないと感染者が村八分に合うだけでなく、感染蔓延地域へ出掛けたり咳をするだけでも感染していると勘ぐられ村八分に合う可能性が高いと指摘されていた。

ところが、当初政府(厚労省)は風邪の症状があったら医療機関を受診せず相談センターへ相談しろ、37.5℃以上が4日続かなければ相談センターへ相談するなとお達しをだしていた。
そのため、誰もが感染しているのかいないのかがわからず不安を抱えていたのだから、感染者が出ている地域へ出掛けたとかそうした地域からやってきたと言うだけで、感染が広がるのではと疑心暗鬼になるのも当たり前。

こうした不安を解消するには、誰でも医療を受けられ必要な検査が行われ感染者をもれなく保護治療する体制を整えることで、日常活動をしている人が感染していない可能性の高い状況にし、その上で会話するときには万一感染させないためのマスクをするなど個人で感染防護努力をするしかないのに、すべてを個人に押しつける政府ってどうなのよ。

· · Web · 0 · 0 · 0
Sign in to participate in the conversation
信州松本にあるプロフットボールクラブの話題なら雷鳥don

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!