風の無い3日目から一変、最終日は風との戦いとなっているゴルフの全米オープン。
多くの選手がスコアを崩す中でデシャンボーだけがスコアを伸ばして単独トップ。
なんか、別次元。

ゴルフの全米オープン3日目、11番ホールを終わって松山英樹はトップと4打差の5位タイまで順位を上げているが、さすがの安定感。

やっとですか 

安倍首相が辞任の意向を固めたらしいという自民党幹部からのリークで大騒ぎ。

自民党総裁選がフルスペックで行われることを願っています。

衆参両院議員総会での総裁選だと自民党は解散総選挙でかなり厳しい状況になるだろうが、それ以上に短期だとはいえ碌でもない首相が再び誕生することだけは避けて欲しい。そのためには、やはり自民党員が参加しての総裁選は必須。

それに対する維新等を除く野党の選挙協力体制は整わないまま。

新総理総裁は、野党の準備が整う前に総選挙をやりたいはずなので、首班指名選挙が行われたらすぐに衆院解散となる公算は高そうですね。

反緊縮派、要するに財務省とケンカができる首相の誕生を願ってやまないのだが、自民党総裁候補の顔ぶれを見ると、なんとも気持が暗くなるばかり。

そんな中で、なるべく安倍・麻生・二階・菅の影響力が極力小さくなる人が総裁となることを願うばかり。

どうなることやら。

石破茂自民党総裁誕生を阻止し続ける自民党は、小沢一郎氏を陥れ排除して最終的に分裂・消滅した民主党と同じ匂いがするんだよねぇ。

今更K-Shogi 

様々な将棋AIエンジンを将棋GUIへ導入したが、自身は只のヘボなド初心者なので棋力に応じたフリーの将棋対戦ソフトK-Shogiを導入。最弱であるLv1のAIエンジン相手とはいえ、2連勝できたのは嬉しい限り。

ガキの頃から魚を釣ればボーズ、囲碁や将棋はさっぱり。唯一そこそこやれたのはオセロだけ。

ボーリングは下手っぴなまま、球技はすべからく苦手で、オヤジになってそこそこ楽しめたのはソフトダーツぐらい。

そんな何もできない自分が、最弱とはいえ将棋ソフト相手に勝てたのは嬉しい限り。

それでもプロの対局を見るのは、とにかく頭の体操になって面白い。

今日発表された上田市の感染者。リモート勤務を7月下旬から行い、県外への滞在歴も無いとのことで、市中感染が疑われる事例。

お盆が終わり、この後数日~10日ぐらいは感染者の確認状況を注視したい。

飯田下伊那では、幸いにも感染者が確認されていないが、感染者が増えている中京の経済圏でも有り、関西・東京からも高速バスで5時間弱。

長野・大町・岡谷で感染者が確認されている状況では、まったく安心できる状況では無い。

町の行事も軒並み中止の判断がなされる中、防災訓練は行うとか。

【東京都 新型コロナ 新たに389人感染確認 300人超は今月9日以来】
東京都は14日午後3時時点の速報値で、都内で新たに389人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
都内で1日に確認される人が300人を超えるのは今月9日以来です。
www3.nhk.or.jp/news/html/20200
#ニュース #NHKニュース

無観客では有るが、開催されるだけでもありがたい。

【2020】NEC軽井沢72ゴルフトーナメント|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会 lpga.or.jp/tournament/jlpgatou

情報は正しく公開して欲しい 

同じ会社に勤める4人がSARS-Cov-2に感染したとか。
長野県はいつも感染者の事前行動を公表しないので、どこでどう感染したのかがさっぱりわからない。

感染拡大地域へ出掛けていたのか海外からの帰国者なのか、それとも市中感染なのか。

それがいつもわからない。

たまたまクラスター化した新宿の劇場での感染だけは公表されたが、それ以外はさっぱり。

市中感染が広がっているのであれば、県内での警戒は全体として1レベルあげなければならないはず。

長野県からの発表では、いつもどう警戒すればいいのかがわからない。

COVID-19村八分問題 

正直、2月だったか3月だったかに感染疑いのある人すべてが医療機関で受診でき、医者が必要とした人すべてがPCR検査を受け治療できる様にしないと感染者が村八分に合うだけでなく、感染蔓延地域へ出掛けたり咳をするだけでも感染していると勘ぐられ村八分に合う可能性が高いと指摘されていた。

ところが、当初政府(厚労省)は風邪の症状があったら医療機関を受診せず相談センターへ相談しろ、37.5℃以上が4日続かなければ相談センターへ相談するなとお達しをだしていた。
そのため、誰もが感染しているのかいないのかがわからず不安を抱えていたのだから、感染者が出ている地域へ出掛けたとかそうした地域からやってきたと言うだけで、感染が広がるのではと疑心暗鬼になるのも当たり前。

こうした不安を解消するには、誰でも医療を受けられ必要な検査が行われ感染者をもれなく保護治療する体制を整えることで、日常活動をしている人が感染していない可能性の高い状況にし、その上で会話するときには万一感染させないためのマスクをするなど個人で感染防護努力をするしかないのに、すべてを個人に押しつける政府ってどうなのよ。

黙して語らず 

GoToキャンペーン利用者が感染を広げたというデータが欲しいと民放が躍起になっているようだが、そんなデータなんて出てこないだろうねぇ。

ただ、GoToキャンペーンを政府が行うことによる県境を越えての移動に対する心理的ハードルが大きく下がったことは間違いない。

ビジネスでの移動でも、GoToキャンペーンを推進するぐらいだからと、抑制していたモノが緩くなる可能性は高い。

無症状感染者でも感染させる可能性があることがわかって以来、自分が感染者だと思って行動することが求められるようになっている。

もちろん、不顕性や発症前の無症状感染者であっても会話などでの飛沫飛散を防護していれば、移動中や移動先で感染を拡大させる可能性は低いわけで、移動が感染を広げるというわけでは無い。

しかし、黙して語らず、沈黙の中での食事が「新しい生活様式」だといわれてもねぇ。
黙って食事、食事の前後でマスクをして会話。
マスクなしでの会話は換気が十分な状況で飛沫を浴びないような状況を作って行う。

観光などレジャーでの旅行先でそれが徹底できるかどうか。ひとり旅ならまだしも楽しくないよねぇ、そんなの。

安倍政権は財政健全化のため医療費はじめ社会保障による財政支出を大幅削減する政策を採り、病院の整理統合や保健所と福祉事務所などの整理統合も行われて、さらに進めようとしている。

PCR検査態勢の拡充はベッド数の大幅増や保健所の機能強化拡大を伴うからやりたくないよね。

消えたアベノマスク 

安倍首相が、あの小さな布マスクをしなくなったらしい。

頑なに布マスクを着けていた安倍首相、布マスクをさらに施設などへ配ると息巻いていたのに、世論の反発を受けて備蓄へ回すことにしたから、もう着けなくても良くなったのか。

それとも官邸周辺で感染者でも出たのかな?
「危険ですから不織布のサージカルマスクを着けてください」と秘書官だか補佐官だかに進言されたのかも。

三つ巴 

2020年の大相撲7月場所千秋楽。
優勝争い最大のキーマンとなった御嶽海。
2敗で単独トップに立つ照ノ富士との取り組みが組まれた3敗の御嶽海は、本割りでとにかく勝たなければ、その時点ですべて終了。

御嶽海は本割りで勝って三つ巴の優勝決定戦に持ち込めば、2横綱1大関が途中休場となった本場所を最後に盛り上げた立役者として長く記憶に残る力士となるだろうね。

明日辺りかと思ったが、東海・関東甲信で梅雨明け。
と同時に台風3号に変る可能性の高い熱帯低気圧がフィリピンの東で発達しているとか。

やはり、勝ち越しが遠いいつもの御嶽海。

突き押し相撲が強みなのに立ち会いで圧力をかけて行く感じが無いところがどうなんでしょう。

御嶽海ガンバレ。
相手は初顔の霧馬山。モンゴル出身だが、正代と違って重さは無い。
ここで勝てないと、また勝ち越しが遠くなる感じ。

御嶽海、7連勝まで来たのに同じ関脇の正代に負けて勝ち越しならず。
なぜかいつも7勝からの足踏みが続くが、今日はすんなり勝ち越しを決めて欲しい。

は、降格が無いシーズンと言うことで、来年へ向けたチーム作りを行いながらじっくりチーム力強化を図って欲しい。

うーん、どうなんだろう。
プラマークがついていて汚れていないものを埋め立てや燃やすごみで回収する自治体なんてあるの?
油汚れを落とすのに洗剤と温水を使ったり洗剤の容器を洗うと、環境負荷が大きいと思うのだが。

汚れていても回収してくれるならいいけどね。

【独自】プラごみ一括回収へ、資源区分を新設…政府検討 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン yomiuri.co.jp/national/2020071

Show more
信州松本にあるプロフットボールクラブの話題なら雷鳥don

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!